転職を有利に進めるためには資格が必要!

Filed in 転職を有利に進めるためには資格が必要! はコメントを受け付けていません。

「今の仕事よりも、もっと人と関わる仕事がしたい」「人から感謝されるやりがいのある仕事がしたい」。
そんな希望を持って、介護業界に転職を考える人は少なくありません。
少子高齢化社会となり、今後ますます需要が高まると見込まれる社会福祉の仕事は、常に人手不足であり、求人が多い職種です。
老人福祉施設や介護施設などは、特別な資格がなくても働ける場合があります。
しかし、実際に仕事に就いてみると、過酷な労働の割には給料が安く、深夜勤務があったり、長年勤めていても昇給しないなどの問題が生じる場合があります。
無資格の場合は、待遇の改善は望めない場合がほとんどです。

そこでもし、転職を考えるのであれば、就職する前に介護職員初任者研修やを修了することをおすすめします。
介護職員初任者研修は、介護の基礎知識や技術などが学べるため、介護士やヘルパーが具体的にどのような仕事をするのかを理解できます。
たとえ介護の職に就かなかったとしても、将来家族の介護に役立てることもできるので、取得しておいて損はありません。
介護職の転職を支援するサイトには、資格に関する情報も載っているので、一度目を通してみると良いでしょう。

また、実務経験を積んだ後、介護職員実務者研修を受講して、最終的には介護福祉士を目指すのであれば、尚更この介護職員初任者研修の資格は必須といえます。
有資格者と無資格者では給与にも違いが生じますので、介護業界で少しでも良い条件で働いたり、ステップアップを目指すのであれば、必ず資格は取得しておきましょう。

TOP